トップに戻る
材料(2人分)
鶏もも肉 2枚
フレンチマスタード 適量
マヨネーズ 適量
トマトソース 適量
セルフィーユ(※) 適量
レモン 1/3個
塩・こしょう 適量
※お好みのハーブで可
2006年4月号
鶏肉のマスタード焼き
◆鶏肉の基本の焼きかたをマスターしましょう。皮は強火でパリッと、身は弱火でじっくり蒸し焼きにするのがおいしく焼き上げるポイント。今回はマスタード焼きで仕上げます。マスタードは加熱すると香りが引き立ち、辛みがやわらいでほんのりスパイシーに。マヨネーズとトマトソースを添えれば味わいも見た目もおしゃれなひと皿のできあがり。
ちなみに、お店で味わうこともできますよ。
作り方
1. 鶏もも肉の筋切りをして(a)、両面にまんべんなく塩・こしょうをする。
2. 強火で熱したフライパンにオイルを入れ、鶏肉の皮目を下にして焼く(裏返すまであまり触れないこと)。
3. 皮目にこんがり焼き色がついたら裏返し、蓋をして弱火で蒸し焼きする(オーブンで焼く場合は(b)を参照)。
4. 中まで火が通ったら取り出して表面にフレンチマスタード(c)をぬり、耐熱皿にのせて250℃のオーブンで1〜2分焼く。
5. トマトソースをしいた皿の上に焼きあがった鶏肉をのせる。マヨネーズをラップに包んで爪楊枝で小さな穴を開けて絞り出し、セルフィーユと櫛型に切ったレモンを添えたらできあがり。
a. 鶏肉の皮目を下にして置き、包丁の先で軽く筋切りをしましょう。
b. オーブンで仕上げる場合は表面にマスタードをつけた鶏肉をアルミで軽く包み、250℃で4分焼いたらアルミをはずし、さらに1分焼きます。
c. 和からしよりも辛さのマイルドなフレンチマスタードがおすすめ。
 
ONE MORE DISH !
●ソースはトマトソースの他にジェノバソースもよく合います。また、醤油ベースのたれで照り焼き風に仕上げればお弁当のおかずに最適ですよ。

ヤマガタウェイに戻る
このページに記載されている記事・写真などの無断転載を禁じます
Copyright (C) 2005-2006 IMC All Rights Reserved.