トップに戻る
材料
●タルト生地(直径12cmのタルト型5個分)
薄力粉 250g
バター(※無塩) 125g
粉糖 100g
塩 2.5g
卵(全卵) 1個
卵黄 1個分
●バジルソース
牛乳 500cc
薄力粉 30g
コーンスターチ 20g
グラニュー糖 125g
卵黄 3個分
※有塩バターを使う場合、塩は不要。出来上がった生地は冷蔵庫で約1週間ほど保存可能。
2006年2月号
いちごとブルーベリーのタルト
◆一見めんどくさそうなタルトですが、難しいテクニックは一切不要。フードプロセッサーを使うと生地はあっという間にできあがります。いちごやブルーベリーのジューシーさ、とろ〜りなめらかなカスタードクリーム、タルト台のサクサク感を心ゆくまで味わいましょう。バレンタインも間近、今年はチョコレートのかわりに華やかなスイーツはいかが。
作り方
<生地のつくりかた>
1. バターを細かく切り、卵と卵黄以外の材料をフードプロセッサー(またはミキサー)にかけ、さらさらの状態にする。
2. 大きめのボウルに移し、卵と卵黄を加えてひとつにまとめたら、冷蔵庫に入れて30分ほど生地を休ませる。
3. 生地の1/5を型に薄くのばし、フォークで全体に空気穴をあける。その上にアルミを敷き、重石をのせて180℃のオーブンで約15分焼く。
<カスタードクリーム>
1. ボウルに卵黄を入れ、グラニュー糖を入れて白っぽくなるまでかき混ぜる。
2. ふるった粉類を入れる。さらに人肌に温めた牛乳を加えて混ぜたらザルなどでこす。
3. 鍋に移して中火にかけ、とろみが出るまで休まずかき混ぜ、固まってきたらしっかり練る。
4. つやが出て、もったりしてきたら火を止め、もう一度こす。
<仕上げ> 一例です。フルーツの種類・量はお好みで。
1. タルト(a)に型と同じ大きさにしたスポンジ生地を入れ(b)、シロップをしみ込ませる。
2. 絞り袋にカスタードクリームを入れ、中央から外側に向かって円を描くように絞り出す(c)
3. 2の上にいちごを盛り、すき間にブルーベリーを飾る。8分立てにした生クリームとセルフィーユを飾る。
4. お好みでジャムソース(ジャムと適量の水を軽く煮立てて粗熱をとったもの)を全体にかけて完成。
a b c
デコレーションは焼いた生地の粗熱がとれてから。 シロップは砂糖と同量の水を軽く煮立てて冷ましたものを使います。 絞り袋がない場合はクリームを均等に塗ってもOK。
ONE MORE DISH !
●いちごが手に入らない季節はメロンなどの酸味が少ないフルーツや缶詰でもおいしくできます。また、タルト生地をクッキー型で抜いて焼けばビスケットに。溶かしたチョコレートでコーティングしたり、デコペンで文字を書いてもいいですね。


ヤマガタウェイに戻る
このページに記載されている記事・写真などの無断転載を禁じます
Copyright (C) 2005-2006 IMC All Rights Reserved.