トップに戻る
材料(つくりやすい分量)
強力粉 500g
薄力粉 500g
牛乳 625cc
イースト菌 12.5g
砂糖 12.5g
●トッピングの具(種類も量もお好みで)
餅(写真では丸餅3個使用)、チーズ、ベーコン、玉ねぎ、ピーマン、コーン、ピザソース
2006年1月号
お餅ピザ
◆休日はちょっと腕まくりしてピザづくりに挑戦してみませんか。手づくりの生地はフカフカでモチモチとした食感が感動的で、お店顔負けの味になること間違いなし ! 生地は薄くのばしてクリスピー風にしたり、まるく成形してフォカッチャにと応用も効きます。具の隠し玉は、お餅。とろけたチーズとこんがり焼けたお餅の相性は抜群で、いっしょに頬張れば「おいしいぃ」とうなってしまうかも。
作り方
[ 生地のつくりかた ]
1. イースト菌と砂糖をボウルに入れ、人肌にあたためた牛乳125ccと合わせてラップをする。暖かい場所に置いて15〜20分発酵させる(a)
2. 大きめのボウルに強力粉500gと薄力粉250gを入れ、人肌にあたためた牛乳500cc、1を入れて手でこねながらまとめる。
3. さらに、残りの薄力粉250gを少しずつ加えながらひとつにまとめる。
4. まとまったら十字に切り目を入れてラップをして、2倍ほどの大きさにふくらむまで暖かい場所に置く(1次発酵)。
5. ふくらんだ4を手で押してガス抜きする。ラップをして、再び2倍ほどの大きさにふくらむまで暖かい場所に置く(2次発酵)。
6. 冷蔵庫でひと晩生地をねかせたら、できあがり(b)
[ 焼 く ]
生地150gをパイ皿などの耐熱器に薄く伸ばし、市販のピザソースを塗る。お好みの具をのせて230℃のオーブンで6分ほど焼いたら完成。
a. 発酵の目安はこの程度。30〜40℃の暖かい場所に置くと早く発酵が進みます。
b. 保存の目安は冷蔵庫で約1週間。使い切れないようならレシピの半量でつくってもOK。
ONE MORE DISH !
●トッピングの餅を磯辺巻きにして焼いてみたらこれがおいしい!醤油や海苔の風味が、ピザソースや生地と意外に合うので驚きました。この組み合わせはクセになりますよ

ヤマガタウェイに戻る
このページに記載されている記事・写真などの無断転載を禁じます
Copyright (C) 2005-2006 IMC All Rights Reserved.