トップに戻る
材料(つくりやすい分量)
製菓用チョコレート 160g
生クリーム 300cc
スポンジ台 適量
(ビスケットorクッキーでも可)
好みのリキュール 少量
フルーツ お好みで
●飾り用
生クリーム 適量
フルーツ お好みで
2005年12月号
マルキーズ・ショコラ
◆今月は、チョコレートに泡立てた生クリームを合わせてふんわり仕上げた「マルキーズ・ショコラ」です。仕上げにいちごをのせて生クリームを添えれば、クリスマスにぴったりのスイーツのできあがり!ほのかな洋酒の香りとなめらかな口どけは侯爵夫人マルキーズの名にふさわしいエレガントな味わい。製菓用チョコレートを使うとより美味しくできますが、市販の板チョコでも。
作り方
1. セルクル型()にバターをぬってラップを敷いておく。
2. 小鍋に生クリーム150ccを入れて沸騰させ、ボウルに刻んだチョコレートを入れ、よく混ぜ合わせる。
3. 残りの生クリームを8分立てにする(a)
4. 2の粗熱がとれたら、3を2回にわけて加える(b)。お好みでリキュール(チョコレート系かオレンジ系)を少量加える。
5. 1の型にスポンジ台を敷いた上に、シロップで煮たラフランス(one more Dish!参照)細かく切って入れ、4を流し込む。
6. 型から取り出す。取り出しにくい時は少し室温に戻す。好きなフルーツ、生クリームを添えたらできあがり。
円形の底のない型。プリン型などでも代用可。
a b
生クリームは、このくらい「つん」と角が立つまでしっかり泡立てて。 初めは1/3を入れて全体に軽く混ぜてから、残りを加えてよく混ぜ合わせる。
ONE MORE DISH !
●いちごが手に入らない季節はメロンなどの酸味が少ないフルーツや缶詰でもおいしくできます。また、タルト生地をクッキー型で抜いて焼けばビスケットに。溶かしたチョコレートでコーティングしたり、デコペンで文字を書いてもいいですね。


ヤマガタウェイに戻る
このページに記載されている記事・写真などの無断転載を禁じます
Copyright (C) 2005-2006 IMC All Rights Reserved.