MY WAY PEOPLE

自分自身のえらんだ道を颯爽と歩く、やまがたのひとたち

ヨミウリウェイヤマガタウェイ

山形フォーラム/ソラリス経営 長澤裕二さんと英子さん

山形フォーラム/ソラリス経営  長澤裕二さんと英子さん
こんな変わった映画館を支えてくれてありがとう。そんな気持ちです。

山形市内にある『フォーラム』と『ソラリス』の他、東北4県で映画 館を経営している長澤ご夫妻。大学の映画研究会で先輩、後輩だったお2人。つねに一緒に活動し、ごくごく自然に結婚となったそう。3人の子育てをしながら映画館を運営してきた道のりや、映画に対する思いをうかがいました。

【 uji's Talk 】上映する側の本気度で変わる。

 大学を卒業するまで映画で飯が食えるとは思っていませんから、関わる仕事はしながらも、趣味で映画館の運営をするつもりでした。そのノウハウを学ぶつもりで勤めた映画館で支配人をまかされて。来場者数を増やすのは、作品の選び方だとあらためて実感したんです。僕らが大学生だった70年代は、目的や意志をはっきり示せないヤツは馬鹿にされたから、研究会でもそういう議論はよくやっていて、理念が明確なら結果をだせるはずだと経営に乗り出しました。なぜ山形だったかと言えば、ここは文化度が高い。何かやっていますか?と聞かれて、誰もが趣味を語れる気風があって、それを大切に生きることを知っている。だから大丈夫だと。お金の工面は最後まで大変でしたけどね。
 レストランならオーナーシェフの個性が出るように、映画館にもカ ラーが出る。10月からロシア文学シリーズを取り上げてみようと4時間もある『カラマーゾフの兄弟』を上映し、「誰も来ないんじゃないの?」と懸念しつつ、分かる人だけ来てくれればと始めてみたら1日200名以上の来場があった。マイナーな作品でも声をだせば共鳴する人々が支えてくれる。最初は小さな島が、やがては大陸になっていく。フォーラムのあり方を受け入れてもらえることが、うれしいですね。

【 eiko's Talk 】保守的なことが苦手なのね。

 若いときに映画に出会ったおかげで、心豊かな人生を送れたと思っています。みなさんにも素敵な作品と出会って、物質的なことだけじゃない生き方を送ってほしいのです。いつも幸せに。とはいえこれまでの自分を振り返ってみれば、無我夢中だったとしか言いようがなく、夕食の時間も夫と経営についての話になってしまうから、家族団らんが激論に変わることもしばしば。子どもの通信簿をもらいにいくことも忘れて先生から呼び出されたり、親がサインをする提出物を子どもたちが自分で書いて判子も押して持っていったり。仕事と家庭の両立は正直辛くて、 何度もくじけそうになったけれど、辞めないで!と励ましてくれたのは子どもたちでした。暗闇で苦しい時、放り投げてもそのツケはいつか必ず返ってくるもの。逃げても無駄。一生懸命働いている姿を見せられたことが、親としてしてあげられた最大のことかなあと思います。
 日頃は直感とヒラメキで生きています(笑)。直感を大切にしていると、次々ひらめく。それを信じて行動すると、なぜか迷いがなくなる。後は身の程を知ってるつもり。無理をしないで自然の流れに任せていた方がいい展開になりますし、自分らしくないこと、違和感を感じたらさっと身を引きますね。こつこつ努力型ではないみたい(笑)。世の中を変えるのは政治ではなく文化だと思う。だからこれからもフォーラムが今の姿のままで、いつまでも続いてくれたら幸せです。みんなに育ててもらったフォーラム。本当に感謝の一言で、山形の映画ファンは素晴らしいと感じでいます。
photo1 photo2 photo3 photo4
左から..
1. 最初のフォーラムは山形市大手町に開館。2スクリーン150席でした。
2. 10周年・20周年を記念してまとめた冊子。
3. フォーラムの前で。裕二さん35歳、英子さん32歳の頃。
4. <これからのおすすめ作品>食育をテーマにした「ブタがいた教室」。TVCMをしない作品のため、長澤さんは子どもたちに観てほしいと、口コミの支えで冬休みまで長期上映ができるよう、かつてない3回もの試写会を開催しました。監督は来春芸工大に就任する前田哲氏です。

MY WAY PEOPLE PROFILE_

(※2008年11月10日号掲載)
PAGE TOP ↑
ARCHIVE
フリーアナウンサー 伊藤 博美さん
TUYアナウンサー 佐々木 瞳さん
和道会 至道館 遠田めぐみさん
陶芸作家 安達 浩子さん
山形県知事 吉村 美栄子氏
作 家 柚月 裕子さん
セ・コア? オーナー 樋口 陽子さん
役者 今田 裕美子さん
山形フォーラム/ソラリス経営 長澤裕二さんと英子さん
アニマルセラピスト 横尾 栄津子 さん
全国男女共同参画宣言都市サミットinやまがた実行委員長 菅野節子さん&副委員長 佐久間太樹さん
家具デザイナー・渡邊吉太さん&妻・美保子さん
ガーデンデザイナー佐藤和雄さん&セラピスト佐藤温保さん
アートフラワーデザイナー 森 昭子さん
東根市商工会青年部のみなさん
サム・ウィルソンさんと坂井奈緒さん(「こめやかた」ファミリー)
YOMIURI WAY
ヨミウリウェイ VOL.227
ヨミウリウェイ VOL.227
ヨミウリウェイ最新号
COPYRIGHT (C) 2008 I.M.C ,Inc. ALL RIGHTS RESERVED.