MY WAY PEOPLE

自分自身のえらんだ道を颯爽と歩く、やまがたのひとたち

ヨミウリウェイヤマガタウェイ

アニマルセラピスト 横尾 栄津子 さん

アニマルセラピスト 横尾 栄津子 さん
ものごとを始める時は、意を決して、というより気がつくとスタートしているタイプです。

動物と交流することで心を癒すアニマルセラピー。昨年の10月に『日本療育犬研究会山形県支部』が発足し、支部長となった横尾栄津子さん。これまでの人生を振り返ると、いつもいつの間にか走り出しているとか。セラピストの道を選んだいきさつ、活動についてうかがいました。

走りながら考える

 これから先、自分はどんな人生を歩んだらいいのか考えたとき、アニマルセラピストに興味がわいたんです。グリーンチムニーズ(*1)という施設があることを知り、山形でやれたらいいな、なんて思ったりもしていたので。性格が器用ではないので、2足のわらじを履くのは向いていないし、長年勤務していた会社を辞めて東京にあるセラピードッグの学校へ入学しました。
 当初は週末だけ通うつもりでしたが、学校が管理している動物の世話をしながら間借りすることになりまして。実はペットを飼った経験もなく、初の同居体験。あらためて犬はかわいいなと思いましたね。卒業が近づいたとき、セラピストとしての基本的な知識は得たものの、もっと深く知りたい、もっと何かあるはずだという思いが募り、毎日パソコンにかじりついてインターネットで情報を検索をしたんです。そこでたどり着いたのが、発達障がい児療育企画BATのホームページでした。代表の横室純一氏(*2)が書いた本が紹介されていたので、出版社を知りたくて電話をかけたらご本人がでてびっくり(笑)。指導を受けることにしたんです。

自分が変わっていく体験

 最初に参加した研修は長野のペンションで行われた合宿。いきなり私一人で3、4人の重度の障がい児と1つの部屋で過ごすように言われまして。しかも「何にもしなくていいから」と。筆記用具を持って学ばなければと意気込んでいたんですが、ただただ一緒にいるだけ。子どもたちは自分のペースでおりますし、ものすごく戸惑いました。ところが時間が経っていくうちに、私の中に変化が起きてきたんです。肩の力が抜けていくというか、心が弛緩して、ああ、リラックスしていこうって、いつの間にか子どもたちに癒されていたんですよ。

180度も違う視点

 横室氏が唱えるアニマルセラピーは、一般的に持たれているイメージ、手法とはまったく違うと思います。犬は人間に従うもの、セラピーを行う道具のような捉え方ではなく、犬も人間も同じ生命体という考えが基本。服従を強いたり、一匹一匹の個性を消すことも制御することもありません。遊びたい気持ちをそのまま認め、むしろ安心してのびのび行動するようにしています。また自閉症やパニック、自他傷といった重度の発達障がい児に対しても、犬に触れる行為を作為的に設定しないんです。その場で犬をなでても、目的が達成される訳ではないですから。自然に触れ合えるまで、ひたすら同じ空間で過ごすだけ。1ヶ月かかってやっと30?接近する程度の、長い時間をかけていく中で、子どもだけじゃく犬のオーナーも自分と向き合い、成長していきます。
 当初はTOMと私で『向陽園』の広い体育館を前に、できるかな?とも思いましたが、今ボランティアスタッフは11名。思いを持ってやればなんとかなる。大風呂敷も広げてみるものですね(笑)

(*1)アメリカにあり、心に傷を持った子供達が野生動物の世話をしながら治療を行っている施設。
(*2)発達障がい児の療育トレーナー。
photo1 photo2 photo3 photo4
左から..
1. 「向陽園」で指導中の横室氏。
2. 「発達障害児療育企画BAT」代表の横室純一氏。
3. 横尾さんたちが活動している「向陽園」の体育館。山形市大字長谷堂/023-688-5883
4. 横尾さんが「セラピストとしての考え方が腑に落ちた」一冊。「チャチャはぼくのパートナー」。

MY WAY PEOPLE PROFILE_

■横尾栄津子 さん
1955年生まれ、山形出身O型。高校卒業後、百貨店で接客業にたずさわり、2004年にドッグセラピーを学ぶため上京。2006年、日本療育犬研究会主宰に師事する。2008年10月から『向陽園』にて療育犬訪問活動をスタート。 お問い合わせ/090-5954-2193


(※2008年10月10日号掲載)
PAGE TOP ↑
ARCHIVE
フリーアナウンサー 伊藤 博美さん
TUYアナウンサー 佐々木 瞳さん
和道会 至道館 遠田めぐみさん
陶芸作家 安達 浩子さん
山形県知事 吉村 美栄子氏
作 家 柚月 裕子さん
セ・コア? オーナー 樋口 陽子さん
役者 今田 裕美子さん
山形フォーラム/ソラリス経営 長澤裕二さんと英子さん
アニマルセラピスト 横尾 栄津子 さん
全国男女共同参画宣言都市サミットinやまがた実行委員長 菅野節子さん&副委員長 佐久間太樹さん
家具デザイナー・渡邊吉太さん&妻・美保子さん
ガーデンデザイナー佐藤和雄さん&セラピスト佐藤温保さん
アートフラワーデザイナー 森 昭子さん
東根市商工会青年部のみなさん
サム・ウィルソンさんと坂井奈緒さん(「こめやかた」ファミリー)
YOMIURI WAY
ヨミウリウェイ VOL.230
ヨミウリウェイ VOL.230
ヨミウリウェイ最新号
COPYRIGHT (C) 2008 I.M.C ,Inc. ALL RIGHTS RESERVED.