MY WAY PEOPLE

自分自身のえらんだ道を颯爽と歩く、やまがたのひとたち

ヨミウリウェイヤマガタウェイ

家具デザイナー・渡邊吉太さん&妻・美保子さん

家具デザイナー・渡邊吉太さん&妻・美保子さん
一緒に暮らし始めて、精神的に安定しました。

7月に新しいアトリエをかまえた渡邊吉太さん。昨年の6月にブライダル衣装のサロンに勤めている美保子さんと出会って、3ヶ月後にはプロポーズ。お互いにファーストインプレッションで結婚を意識したとい うドラマのようなエピソード、仕事についてうかがってみました。

[yoshita's Talk]
ロマンティックに生きる

 一見シンプルなのにデザイン性があって機能的。長く使って愛着が わく北欧家具を現地で学びたくて、スウェーデンの大学へ行きました。 帰国後、スウェーデン大使館で留学生と一緒に展示会をやったことが きっかけで講演を頼まれ、ユニバーサルデザインについて話をしたんです。そこである企業に声をかけられて専属デザイナーとして契約するこ とになり、あの時はスタートしていきなり食えるようになったんで逆に戸惑いました。でもオリジナルの家具をつくりたい気持ちが高まって山形へ。ここは職人の街というか、ものづくりをしていく上で、こんなに恵まれた土地はないんじゃないかなと感じます。後輩が始めた古着屋の2階にインテリアショップ兼事務所を設立しましたが、まったく仕事がなくて。食べたいものをガマンして、とくかくたくさんの人と会っていました。そこにお客さんとして来たのが彼女。会った瞬間に結婚したいと思ったんです。3ヶ月後、花火大会を見に行き、帰りに霞城セントラルの最上階で飲んで。この時、自分の気持ちを手紙にして用意していたんです。メールじゃダメだ、自分の言葉で書くと決めて、4枚に思いをしたためて。渡したときはオレも感極まってましたね(笑)。彼女は自分じゃ気付かない良いところを見つけてくれる大切な存在です。
 いまは家具や店舗のデザイン、製作、施工を行っています。将来の夢 は小さな公園を街中につくること。スウェーデンで出会った職人のおじ いさんがいて、実直で誰にでも誠実な態度で接してくれ、「彼はビュー ティフルな人だね」とみんなに言われていたんです。こういう生き方を 見習いたいなって思います。

[mihoko's Talk]
自分の気持ちに素直に楽しく

 洋裁が好きな母を見て育ったので、自然にファッション関係の職業に就きたいと思うようになりました。スタイリストのアシスタントをしていた頃は大きな袋を両肩から担いで移動し、本当に体力勝負の日々。仕事は好きだったのですが、スタイリストとして独立していくためには、自分自身を売り込んでいくことも必要なんですよね。あまり積極的に前へ出る性格ではないので、将来を悩んでいた時期に彼と出会いました。初めて会ったときのことは今でもはっきり覚えています。お店の階段を上がってドアを明けて、彼の姿が見えた瞬間、あぁ、大地にしっかり根をはっている樹木のような人だって感じて。気がついたら5時間も話し込んでいました。この日は彼とも共通の友人と一緒だったのですが、後で聞いたら「相性がいいはず」と思って連れていってくれたんだそうです。
 彼は私が悩んでいるとき、男の人にしてみればそんなこと?という話にも向き合ってくれ、おだやかに解決の糸口を引き出してくれます。初めて私の両親と会ったときも、ドライブ中に車が故障してしまったときもいつも自然体で、山形でアトリエを持つと聞いたときも、きっと大丈夫だって思えました。生活は、私の方が家に帰るのが遅いことが多いのですが、彼は料理も上手。盛りつけのセンスもよくて助かっています。無理しやすい性格なので70%位できればOKと考え、彼や家族、大好きな周りの人に感謝することを忘れずに生きていきたいと思っています。
photo1 photo2 photo3 photo4
左から...
1. オーダーメイド家具/米沢市T様邸のオーダーメイド家具。ナラ無垢材の天板とスチールのコンビネーション。「リゾットな質感を楽しむ家具です」。
2. セツナチェア/事務所を設立した年にデザインした記念すべき椅子。 「製作してくれた職人さんとは現在も一緒に仕事をしています」。
3. sculp table/彫刻と家具の中間的美しさを追求した作品。「自信作です」。
4. ( i )chair/「あぐらがかける仕事椅子」というオーダーに応えて。座面を少しだけ長くし、背面を大きくあけてスペースを確保。座面はコルクで夏涼しく、冬暖かい仕様。

MY WAY PEOPLE PROFILE_

■渡邊 吉太 さん
1981年6月13日宮城県生まれ B型 。芸術工科大学卒業後、スウェーデン国立芸術工芸デザイン大学へ留学。 帰国後、パネルヒーターの開発製造する企業と契約。1年後の2005年『アトリエ セツナ』設立。
問い合わせ/023-666-8026
http://blog.setsuna-design.net/

■美保子 さん
1983年6月14日山形市生まれ O型。高校卒業後に上京。専門学校を経てスタイリストのアシスタントとしてアパレルの仕事に就く。2007年6月15日に結婚。現在はブライダル衣装のサロンに勤務。

(※2008年8月10日号掲載)
PAGE TOP ↑
ARCHIVE
フリーアナウンサー 伊藤 博美さん
TUYアナウンサー 佐々木 瞳さん
和道会 至道館 遠田めぐみさん
陶芸作家 安達 浩子さん
山形県知事 吉村 美栄子氏
作 家 柚月 裕子さん
セ・コア? オーナー 樋口 陽子さん
役者 今田 裕美子さん
山形フォーラム/ソラリス経営 長澤裕二さんと英子さん
アニマルセラピスト 横尾 栄津子 さん
全国男女共同参画宣言都市サミットinやまがた実行委員長 菅野節子さん&副委員長 佐久間太樹さん
家具デザイナー・渡邊吉太さん&妻・美保子さん
ガーデンデザイナー佐藤和雄さん&セラピスト佐藤温保さん
アートフラワーデザイナー 森 昭子さん
東根市商工会青年部のみなさん
サム・ウィルソンさんと坂井奈緒さん(「こめやかた」ファミリー)
YOMIURI WAY
ヨミウリウェイ VOL.236
ヨミウリウェイ VOL.236
ヨミウリウェイ最新号
COPYRIGHT (C) 2008 I.M.C ,Inc. ALL RIGHTS RESERVED.