MY WAY PEOPLE

自分自身のえらんだ道を颯爽と歩く、やまがたのひとたち

ヨミウリウェイヤマガタウェイ

アートフラワーデザイナー 森 昭子さん

アートフラワーデザイナー 森 昭子さん
在るものを美しい方へと向かわせていく作業が好きなんですね。

 雑貨屋さんなどでも見かけるアートフラワー。造化でありながら、本物と見間違うような質感で、インテリアやブライダルブーケなどにも使われています。山形在住のデザイナーである森昭子さん。お仕事を始めたきっかけ、またこれまでの道のりや生きる姿勢など、参考になるお話をたくさんうかがうことができました。

 最初に入社したのはシルクプリントの会社でした。海外図案の買い付け、日本の各メーカーの商品イメージに合わせて描き直し、流行に合わせて配色をする仕事で、膨大な色見本に囲まれて絵筆を握り、寝るのも惜しんで仕事をした過激な生活でした。22歳頃にフリーになって、打ち合わせは東京、制作は実家のある山形で行うようになり、食事付きで仕事ができて「いい感じになってきたぞ」と思っていた矢先に結 婚しちゃって、一転して食事を作る身に(苦笑)。それでも2年くらいは仕事にしがみついて離さなかったのですが、子どもが生まれて断念しました。大好きな仕事だったので正直とても辛かった。でも、「よーし、山形でもきっと好きな仕事を見つけてやるぞ!」って覚悟を決めたんです。

■建築業界で再チャレンジ

 出産、育児も少し落ち着いた頃、次に何か始めるなら建築の仕事がしたいと希望がかたまっていました。まったくゼロからのスタートでしたけど幸運にもある設計事務所に入ることができて、そこで一から教えていただき、2ヵ所の設計事務所を経て、望んでいた住宅会社に採用されるまでは5年ほどかかりましたね。当時の家づくりは、インテリアやカラーコーディネートというデザイン的な付加価値に充分な配慮が行き届いていなかったので、私にとっては、再び「色」や空間デザインに関われるチャンス到来に思われました。でも現実は厳しく、なかなか受け入れてもらえず、挫折も何度か味わいましたね。そんな時、仕事は体力、気力が勝負と気付いてランニングをしていた時期もあるんです。一緒に走っていた犬の方がバテちゃうほど走りました(笑)。40代でもう一度住宅会社に入ったのですが、「営業をちょっとやってくれ」と言われ、張り切って受注を上げたら「営業一本でやって欲しい」と(苦笑)。商談が深夜に及ぶことも多く、テレコールをしたり飛び込み訪問をしたりと大変でしたが、得るものも大きかったです。会話の大切さをとことん知りましたし、素晴らしい方ともたくさん出会いました。

■50代でまた夢を見つけて

 お花をテーマにしたのは、やっぱり最後は自分自身が好きと思える仕事をしたかったからです。生花、ディップアートフラワーやブリザードフラワー、ドライフラワーと、いろいろなお花がありますが、私はアートフラワーを選びました。この素材は丈夫で表現の可能性がとても高いのです。ブライダルの装身花として何よりすばらしいのは、管理に手間がかからず、いつまでも残していただけるという点です。結婚てそう楽なことじゃないし(笑)、迷ったり、苦しい時、家の中に記念のお花が飾られていて、「やっぱりがんばっていこう」って励ましになってもらえたら嬉しいです。ご家族の記念日やお友達へのプレゼントに小さなブーケを送られるのも素敵だと思います。お花って誰にとっても、心を和らげてくれる優しい効果があると思いますから。

■プロとアマチュアの違い

 プロはどんな状況でも一定のラインを保ち続けることが求められます。それに応えて、さらに質を高めていこうとする強さも必要です。好きな仕事に向かい合っていると、それが苦にならなくて、むしろ工夫するのが楽しく、難しいものほどおもしろい。若い時に出会うことには何か人生のひらめきのようなものがあって、しっかりと向き合えば、きっと答えが返ってくると思うんです。20代、30代、40代の若い人、がんばってね!
photo1 photo2 photo3 photo4
左から...
1. 花に妖精をあしらったブーケ。
2. 淡い配色は初々しい花嫁のために。
3. 卓上用のちいさなアレンジも。
4. ビーズを合わせたり作品はすべてオリジナル。

MY WAY PEOPLE PROFILE_

■森 昭子 mori akiko
1952年9月21日 山形市生まれ A型。武蔵野美術大学短期大学部 油絵科卒業後、アパレル関係の仕事に就き、24歳で結婚。一女一男を授かる。現在はご主人と二人暮らし。趣味は犬の散歩と社交ダンス。
問い合わせ先/023-623-2063

(※2008年6月10日号掲載)
PAGE TOP ↑
ARCHIVE
フリーアナウンサー 伊藤 博美さん
TUYアナウンサー 佐々木 瞳さん
和道会 至道館 遠田めぐみさん
陶芸作家 安達 浩子さん
山形県知事 吉村 美栄子氏
作 家 柚月 裕子さん
セ・コア? オーナー 樋口 陽子さん
役者 今田 裕美子さん
山形フォーラム/ソラリス経営 長澤裕二さんと英子さん
アニマルセラピスト 横尾 栄津子 さん
全国男女共同参画宣言都市サミットinやまがた実行委員長 菅野節子さん&副委員長 佐久間太樹さん
家具デザイナー・渡邊吉太さん&妻・美保子さん
ガーデンデザイナー佐藤和雄さん&セラピスト佐藤温保さん
アートフラワーデザイナー 森 昭子さん
東根市商工会青年部のみなさん
サム・ウィルソンさんと坂井奈緒さん(「こめやかた」ファミリー)
YOMIURI WAY
ヨミウリウェイ VOL.240
ヨミウリウェイ VOL.240
ヨミウリウェイ最新号
COPYRIGHT (C) 2008 I.M.C ,Inc. ALL RIGHTS RESERVED.