マイウェイレディ
homeyway.jp
吉澤市子さん(美容師/学生支援(ボランティア))
photo
PROFILE
1950年10月15日 大石田町出身 O型 
1980年に美容室『シルビア』をオープン。
24歳で結婚し、長女、次女を出産。
2006年から学生ボランティアをスタート。
休日は芸工大 生の作品展の鑑賞やジャズのライブにでかけるなどをして過ごし、一日一回は歩いて近くのスーパーへ買い物へ行くことが健康法。
問い合わせ/山形市東青田4-9-5
023-641-1177(要予約)、月曜日・第3日曜日定休
(※2008年2月10日号掲載)
まずは自分から与えることで、後になっていただくものも多いのね。

 住宅地の中にある小さな美容室を営みながら、大学生など若い人たちの悩み相談を受けたり童謡の会を開いたり、ボランティア活動を行っている吉澤市子さん。ダンスやコーラス、和小物づくりなど体験してきた趣味も多彩。ボランティアを始めた意外なきっかけ、触れ合いのお話は、日常の中で大切にしたいヒントがあります。

 ここで美容室を初めて27年。以前からのお客様が高齢になってきたので、冬場はいよいよ仕事が減ってしまって。この先どうしよう、副業のアルバイトでもしようかと悩んでいたんです。そんな時、テレビでスケーターの荒川静香選手がとても素敵なヘアスタイルをしていたのを見て、うわー、私もこれをやってみたいって、身体に衝撃が走るほど惹かれて。知人に調べてもらったら、コーンロウという編み込みだったの。最初は本を見ながら毎日練習して、練習のモデルさんを募集するために、芸工大の掲示板にチラシを貼らせてもらったんです。

コーンロウがきっかけで

 知り合いのアナウンサーさんがラジオで紹介してくれたり、学生さんがお友達を連れて来てくれたりポスターを作ってくれたり、みなさんのおかげで、お店は賑やかになりました。喜びと感謝の気持ちを伝えたくて、来てくれた学生さんたちにご飯を作っておくようにしたの。悩み相談を受けることもあるし、ちょっとしたことでも自分の話を聞いてくれる人がいるってうれしいもの。あらためて芸工大へご挨拶に行って、学生さんへのボランティアを始めたんです。

施設への慰問も

 父の入所をきっかけに、老人施設へ訪問するようにもなりました。入所している方々が喜んでくださるんじゃないかと着物で出かけ、みなさんの肩や背中に手をあててご挨拶するようにしていたんです。いつも着物に顔をこすりつけるようして見ていたおばあちゃんがいてね、ある日昔の記憶がよみがえって着物のお話をされるようになったの。触れ合うことって大切。若い人もご年配の人も、人のぬくもりが何より元気の素になるのね。

偶然の出会いから

 知り合いのお店にお茶を飲みに行って、たまたま出会ったのが松尾功さん。事業に失敗してかかえた21億の負債を、新たなビジネスで完済した方です。松尾さんの再起のきっかけになったのが高級美容クリームで、私もその場でお話を聞かせていただいたの。松尾さんのお人柄も商品もすばらしかったので、山形の人にも試していただけるよう、リンパマッサージを始めました。

更年期を経て

 私自身、4年間ほど更年期障害になって、背中の汗がとまらなくなったり、ずいぶん辛い時期もありました。ストレスからか、今より10キロも太っていた時期があって。ジャズやヨーガを取り入れた『自然体育研究所』に通って減らすことができたんです。私の場合は、人と会うことや仕事で気が紛れたのかもしれません。

与えることで、いただくもの

 これまでは自分の仕事が上手くいくようにとがんばってきたけど、お風呂のお湯と同じなのね。湯船に浸って自分の方へお湯を寄せようとしても、外側へどんどん流れてしまうでしょう。外へ送ると返ってくる。ボランティアを始めてからの方がご縁が増えて、お金だけじゃなく、いろんなことが豊かになりました。本当にありがたいことだと思っています。
photo
1. 市子さんのお仕事場。癒しの店『シルビア』。
2. 趣味は小物づくり。聖書をモチーフにしたストラップとしおり。
3. 市子さんの愛読書。「勝ち馬を乗りこなす! 信念と成功」松尾功著
4. コーラスをしていたこともある市子さん。お店では月1回のペースで「童謡の会」を開催。「歌っているうちに、やさしい気持ちになっていくの」。
5.「留学生のみなさんに着付のお手伝いをしました。」
6. 裏編み込みのコーンロウ。/市子さんの手料理が振る舞われます。/2006年に参加したきもののイベントで。
ARCHIVE
海和瑞穂さん(パティシエ)
吉澤市子さん(美容師/学生支援(ボランティア))
高橋博美さん(スノーボーダー)
鈴木美智さん(ガラス作家)
井上優子さん(シンガー)
二藤部真澄さん・河合麻衣さん(特定非営利活動法人 環境ネットやまがた)
松村昌子さん((株) エム企画専務取締役)
きくちいまさん(きものエッセイスト)
岡部陽子さん(書家)
志賀真希子さん((株) 清川屋 ネットサテライト室配属ゼネラルマネージャー)
兼子京子さん(山形心体表現の会代表)
蜂谷友季子さん(木地師・漆芸家)
二戸敦子さん(声楽家)
海谷美樹さん(AISOHO企業組合 専務理事)
高橋ミラさん(写真クリエイター)
田宮美由貴さん(寒河江神輿会 広報委員会委員長)
伊藤啓子さん(詩人)
鈴木圭子さん(JICA山形デスク 国際協力推進員)
井上聡子さん(さとこ女性クリニック 院長)
小嶋麻央さん(小嶋商事株式会社勤務)
鈴木ゆかりさん(「きものアトリエのあ」主宰、「きもの大好き会 和組」代表)
小野寺南波子さん(『骨髄バンクを支援するやまがたの会』会長)
小野のぞみさん(ハンドメイド小物作家&エステシャン)
武田節子さん(平安グループ ブライダル事業担当 専務取締役)
→ 2005年のマイウェイレディ
→ 2004年より前のマイウェイレディ
YOMIURI WAY
ヨミウリウェイ VOL.240
最新号の詳細をみる
WAY'S JAM
WJ
WJ
WJ
WJ
WJ
COPYRIGHT (C) 2006 IMC Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.