マイウェイレディ
homeyway.jp
鈴木ゆかりさん(「きものアトリエのあ」主宰、「きもの大好き会 和組」代表)
photo
PROFILE
1964年9月28日 山形市生まれ。A型
2004年『きものアトリエのあ』、2005年『きもの大好き会 和組』をスタート。現在は長男(18歳)、長女(10歳)と3人暮らし。今年も着付けや古着のお直し教室、着物パーティー、プロに習うきれいな写真の撮り方・撮られ方講座などを開催予定。
□問い合わせ/023-633-9902 
http://blogs.yahoo.co.jp/kimono_noah
---
(※2006年4月号掲載)
いまは試練と思えることでも、
自分にとっての最善であると受けとめたいです。

 子どもの頃から着物への憧れを持っていたというゆかりさん。結婚、出産、離婚を経験し、大好きな着物を仕事にしようと決意。一冊の本との出会いからビジネスを学び、さまざまな企画を展開しています。

和裁を学んだ二十代

 高校卒業後、仙台の和裁所に住み込みで入りました。マンションの一部屋で十四、五名が同居し、食事の支度は入所一、二年目の子が担当。それまでほとんど料理の経験がなかったので大変でした。もっとやっておけばって思いましたね(苦笑)。その後、結婚して山形へ。着付け教室に通ったり、いま注目の人となった加藤条治選手のお父さんが営む呉服屋さんにお願いして、おもに長襦袢を縫う仕事をいただきながら、竹田和裁の別科で勉強しました。

自立までの苦悩

 二十一歳で結婚し子どもを授かり、親になる喜びを知ったものの、夫との関係は悪くなっていきました。カウンセリングスクールなどに通い、人の心や人間関係の築き方を学ぶ中で、離婚は自分にとって大切な事を知るための試練だったと思います。相談先の調停員に言われたのは、夫婦のもめごとや言葉の暴力はどこの家にもあるといったことでした。結論がでる三十五、六歳まで数年かかり、その間すでに事実上は母子家庭でしたが、乳児医療制度をはじめ、児童扶養手当など、経済的支援制度がほどんど利用できなかったことも辛かったです。

タクシードライバーの道へ

 収入と子供たちとの時間をつくるために和裁を一時中断して、家から近い職場に就職することにしたんです。私にはできそうにない仕事というイメージだったから、やれたらすごいぞってタクシー会社を選びました。いま思えば、女性にだって出来るという自信を得たかったのかもしれません。実際は女性の先輩もいて親切にしてもらい、いろんな道を覚えるのがおもしろく七年間お世話になりました。

本との出会いから

 やはり着物の世界にいたくて呉服関係の会社に入社したら、お客様から「着る機会がなくて」という声をたくさん聞き、自分で機会をつくろうと思うようになって。そんな時、本田健氏の本と出会ったんです。一年ほど保険会社に勤めながら、経営についてと、大学でマーケティングや服飾を学び、また女性起業家セミナーに参加し『きものアトリエのあ』をスタートさせました。

したいことが出来る喜び

 まだ食べていけるほどではないので、着物の仕事がないときは車検の車を運んだり、夜は週三回ほど居酒屋でアルバイトをしています。でも古着のお直しや着付け教室、ガレッジセール、「きものdeおでかけ山形散歩」などイベントを考えるのが楽しくて、日々感謝の気持ちです。

着物を通して

 着物は何度も仕立て直すことができますから、子どもの成長に合わせて着丈を伸ばしたり、家族で受け継いでいくことができます。また骨盤矯正や脂肪燃焼、体質改善など、女性の健康に役立つ効果もあるんです。心身共に健康な生活を送ること、そうした魅力も提案していきたいですね。
photo
1.タクシードライバー時代。「ずいぶんいろんな道を覚えました」。2.現在は放送大学に在学し、女性の社会学などを勉強中。3.銀座でブームの「きものde銀座」にも参加して、毎月第4土曜日に「きものdeおでかけ山形散歩」を開催中。「去年は紫陽花の季節に文殊堂を訪ねてみたりしました」。4.趣味はフルート。「高校の時、新聞配達やビル掃除のアルバイトをして買いました」。5.片岡義男の小説に憧れて免許を取得。「友人のご主人が乗っていたバイクを譲り受けて乗っています」。
ARCHIVE
海和瑞穂さん(パティシエ)
吉澤市子さん(美容師/学生支援(ボランティア))
高橋博美さん(スノーボーダー)
鈴木美智さん(ガラス作家)
井上優子さん(シンガー)
二藤部真澄さん・河合麻衣さん(特定非営利活動法人 環境ネットやまがた)
松村昌子さん((株) エム企画専務取締役)
きくちいまさん(きものエッセイスト)
岡部陽子さん(書家)
志賀真希子さん((株) 清川屋 ネットサテライト室配属ゼネラルマネージャー)
兼子京子さん(山形心体表現の会代表)
蜂谷友季子さん(木地師・漆芸家)
二戸敦子さん(声楽家)
海谷美樹さん(AISOHO企業組合 専務理事)
高橋ミラさん(写真クリエイター)
田宮美由貴さん(寒河江神輿会 広報委員会委員長)
伊藤啓子さん(詩人)
鈴木圭子さん(JICA山形デスク 国際協力推進員)
井上聡子さん(さとこ女性クリニック 院長)
小嶋麻央さん(小嶋商事株式会社勤務)
鈴木ゆかりさん(「きものアトリエのあ」主宰、「きもの大好き会 和組」代表)
小野寺南波子さん(『骨髄バンクを支援するやまがたの会』会長)
小野のぞみさん(ハンドメイド小物作家&エステシャン)
武田節子さん(平安グループ ブライダル事業担当 専務取締役)
→ 2005年のマイウェイレディ
→ 2004年より前のマイウェイレディ
YOMIURI WAY
ヨミウリウェイ VOL.238
最新号の詳細をみる
WAY'S JAM
WJ
WJ
WJ
WJ
WJ
COPYRIGHT (C) 2006 IMC Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.