庄内・最上・村山・置賜、山形県内の気になるお店をピックアップ!

街ねた ヨミウリウェイヤマガタウェイ
最新の街ねた
たまごの国 いではCOCCO
日本刺繍教室 朱乃会
極楽麦酒本舗
cafe three peace
手打ちつけ汁うどん処 てる井
さんかく舎
街ねたバックナンバー
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
→ もっと見る!
ヨミウリウェイ最新号
ヨミウリウェイ VOL.244
ヨミウリウェイ VOL.244
ヨミウリウェイ最新号

大石田町新作物開発研究会

photo
photo
photo ヨミウリウェイ
2008年12月10日号に
掲載された情報です。

純日本産のジネンジョ、元気でるよ〜。

「いろんなヤマイモは大抵が中国などの外来種だけど、自然薯は日本原産種。米よりも早く食べられていたそうですよ」と会長の海藤さん。30年前から研究会を発足させ、米沢で産出した天然鉱石ゼオライトを入れた有機肥料で栽培しているそう。消化機能が弱っているときは自然薯の消化酵素が胃を助けてくれるから、忘新年会のシーズンにはもってこい。大石田は俳人松尾芭蕉が滞在した町とあり「疲労回復に食したかもしれないですよね」と歴史ロマンも感じつつ、作っていただいた〈とろろ八杯〉。出し汁で煮た豆腐にあんのようにかけた郷土料理で、うわ〜、ねばりの強さにびっくり。しかも甘味が濃厚です。もう1杯くださーい。
1.様々な業種の人で構成している大石田町新作物開発研究会(左が海藤明さん)。収穫後は雪室で貯蔵し通年販売しています。100g300円で、500g1,500円、1kg3,000円が目安です。
2.取材用に作ってくれた「とろろ八杯」。最上川の舟乗りが八杯もおかわりしたことが名前の由来だそう。
3.販売場所は『あったまりランド深堀』のかあちゃん市場コーナー(12月末まで)や、尾花沢の『道の駅ねまる』など。

※掲載内容は取材当時のものです。商品に関しては、現在お取り扱いをしていない場合があること、及び営業情報を保証するものではないことをご了承ください。

Copyright (C) 2016 ASAHI MARKETING CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.