庄内・最上・村山・置賜、山形県内の気になるお店をピックアップ!

街ねた ヨミウリウェイヤマガタウェイ
最新の街ねた
たまごの国 いではCOCCO
日本刺繍教室 朱乃会
極楽麦酒本舗
cafe three peace
手打ちつけ汁うどん処 てる井
さんかく舎
街ねたバックナンバー
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
→ もっと見る!
ヨミウリウェイ最新号
ヨミウリウェイ VOL.225
ヨミウリウェイ VOL.225
ヨミウリウェイ最新号

金森酒店

photo
photo
photo ヨミウリウェイ
2007年3月10日号に
掲載された情報です。

ほろりと酔える山形産、いいですねぇ。

山形駅の西口近くに昨年移転オープンした『金森酒店』。バリエーションの豊富さが定評の店内で、まず目に入るのは地酒の数々。「県外の方に地元の日本酒をもっと紹介したくて」と4代目オーナーの金森さん。品評会で受賞したものから珍しい銘柄などなど、手に入りにくい品ばかり。「一度は試して欲しいのが『楯野川』『山形正宗』『九郎左衛門泉氷鑑』。山形人でよかったと実感しますよ」。摂氏0℃に保った冷蔵庫や劣化を防ぐ照明など、品質への気配りもしっかり。きき酒師と焼酎アドバイザーの資格をもつオーナーさん、女性におすすめのお酒を教えてください!「いろんな種類の梅酒ですかね〜。ロックかソーダでぐいっといかがでしょう?」。
1.「『雪漫々』と『楯野川』、一度飲んだらこの美味しさにハマるかも!」。スタッフの並木さんと小形さん。
2.『六歌仙 ひととき 発泡純米酒』左から(720ml・ロゼ1,680円、180ml・白368円、ロゼ420円)。口あたりがいいので、日本酒が苦手な方もお試しあれ。
3.『六歌仙純米酒で造ったうめ酒』(1,800ml・3,990円、500ml・1,580円)。東根産の梅を漬け込んだ、甘さ控えめの1本です。

※掲載内容は取材当時のものです。商品に関しては、現在お取り扱いをしていない場合があること、及び営業情報を保証するものではないことをご了承ください。

Copyright (C) 2016 ASAHI MARKETING CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.