庄内・最上・村山・置賜、山形県内の気になるお店をピックアップ!

街ねた ヨミウリウェイヤマガタウェイ
最新の街ねた
たまごの国 いではCOCCO
日本刺繍教室 朱乃会
極楽麦酒本舗
cafe three peace
手打ちつけ汁うどん処 てる井
さんかく舎
街ねたバックナンバー
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
→ もっと見る!
ヨミウリウェイ最新号
ヨミウリウェイ VOL.240
ヨミウリウェイ VOL.240
ヨミウリウェイ最新号

古内和傘店

photo
photo
photo ヨミウリウェイ
2006年12月10日号に
掲載された情報です。

日本人の和ごころ1本、使ってみませんか?

創業90年、古内さん親子が作るのは伝統ある和傘。今ではお店が東北で2軒、全国でも10軒しかないとか。竹、和紙、油、糸など、素材はシンプルなのに、工程は大きく分けてなんと20通り。すべて手作業とは職人技ですね〜。「傘に塗る油は日光でしか乾かないだけに、冬は太陽が待ち遠しいです」。鮮やかな色や独特な油のかおりがまたいいっ。「パラパラと雨をはじく音は、とても情緒があるのでぜひ聞いてもらいたいなぁ」。さらに、好きな色や形を選んで注文できるのがうれしいところ!修理もしてもらえるから安心です。「ファッションの一つとして楽しんでみてくださいね」。自宅兼お店のほか、山形観光物産会館でも販売中です。
1.和傘職人歴60年の2代目清一郎さんと20年の3代目清司さん。「出来上がった時が一番うれしいですね」。
2.蛇の目傘(各12,600円)。蛇(ヘビ)の目の形に染めてあることから付いた名前だそう。
3.お二人の作業中。骨つなぎや折りつけなど、黙々と手際よく進められます。

※掲載内容は取材当時のものです。商品に関しては、現在お取り扱いをしていない場合があること、及び営業情報を保証するものではないことをご了承ください。

Copyright (C) 2016 ASAHI MARKETING CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.