庄内・最上・村山・置賜、山形県内の気になるお店をピックアップ!

街ねた ヨミウリウェイヤマガタウェイ
最新の街ねた
たまごの国 いではCOCCO
日本刺繍教室 朱乃会
極楽麦酒本舗
cafe three peace
手打ちつけ汁うどん処 てる井
さんかく舎
街ねたバックナンバー
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
→ もっと見る!
ヨミウリウェイ最新号
ヨミウリウェイ VOL.238
ヨミウリウェイ VOL.238
ヨミウリウェイ最新号

工藝舎 獅子宿(ししやど)

photo
photo
photo ヨミウリウェイ
2018年2月10日号に
掲載された情報です。

ねこまんま、カレーねこ、他に招きねこもいます。

張り子細工といえば、一般的なのはおかめやひょっとこのお面、だるま、赤べこ、犬などですが奈都季がさんがつくるのは、ねこが多いよう。彼女のお父さんは長井の彫り物師・渋谷正斗さんで、長井市の各地域で継承されている黒獅子舞で使われる獅子頭をつくっていることもあり、まず、みやげ物用の獅子頭の張り子制作をはじめました。くすっと笑わせてくれる奈都季さんのねこには多くのファンがついています。ふぐ乗り招きねこは、ふぐ(福)の上に招きねこが乗っていて縁起が2倍になっているのだとか。作品は獅子宿の他、長井の道の駅、南陽市の雑貨店・日用品のき、山形市下条の雑貨店・enocoroでも販売しています。
1.天羽奈都季さん。「飼っていると、常に見てしまう」というねこ好き。
2.飯碗の中にねこがいる、ねこまんま2,000円、ねこ鯛3,400円、ふぐ乗り招きねこ1,600円
3.皿の中に寝そべったねこが、カレーを体にかけている!カレーねこ2,000円

※掲載内容は取材当時のものです。商品に関しては、現在お取り扱いをしていない場合があること、及び営業情報を保証するものではないことをご了承ください。

Copyright (C) 2016 ASAHI MARKETING CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.