庄内・最上・村山・置賜、山形県内の気になるお店をピックアップ!

街ねた ヨミウリウェイヤマガタウェイ
最新の街ねた
たまごの国 いではCOCCO
日本刺繍教室 朱乃会
極楽麦酒本舗
cafe three peace
手打ちつけ汁うどん処 てる井
さんかく舎
街ねたバックナンバー
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年12月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
→ もっと見る!
ヨミウリウェイ最新号
ヨミウリウェイ VOL.245
ヨミウリウェイ VOL.245
ヨミウリウェイ最新号

よねざわ市民ギャラリー

photo
photo
photo ヨミウリウェイ
2016年10月10日号に
掲載された情報です。

新ギャラリーは、ナセBAの中です。

たくさんの美術家を輩出してきた米沢市。今年7月、今この街で産声をあげる芸術のための場として「よねざわ市民ギャラリー」が誕生しました。場所は20万冊の本が壁面に並ぶ、市立米沢図書館があるナセBA(ナセバ)の1階。外光が射しこむオープンギャラリー(通路での展示も可能)と、喫茶が楽しめるカフェに迎えられ内部へ。展示室は天井高3.3mの手頃な広さのものが7つ、天井高4.5mの大展示室が2つあり、可動式の間仕切りで分割して使うことができます。展示パネルや展示台なども揃っていて、新ギャラリーには予約希望が殺到しているのだとか。開館記念展が終了した現在は、様々な団体や個人の展示が始まっています。米沢へ行ったら、図書館とギャラリーにお立ち寄りを。
1.市民ギャラリーも運営する市立米沢図書館長の村野隆男さん。米沢出身の後藤克芳氏の作品の前で。
2.米沢市出身の彫刻家、桜井祐一氏の「五月の女」
3.よねざわ市民ギャラリーと市立米沢図書館が併設されたナセBA(ナセバ)

※掲載内容は取材当時のものです。商品に関しては、現在お取り扱いをしていない場合があること、及び営業情報を保証するものではないことをご了承ください。

Copyright (C) 2016 ASAHI MARKETING CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.