薬効があって栄養たっぷりの野菜「ネギ」。白根部分はよく使いますが、今回の主役は緑部分です。衣にたくさん入れて、お好みの具材で揚げればできあがり!ソーセージやハム等々、常備してあるものでOK。どんどん焼きの風味がして、レモンをかけて食べるとよりおいしくいただけますよ。
 

材料 作り方

ネギ(緑の部分を多めに)、紅しょうが
天ぷら粉または小麦粉 ……適量
具材
小エビ・小貝柱・乾燥桜エビ・乾燥沖 アミ・しらす・ちりめんじゃこ・こうな ご等お好みで ……適量
顆粒のカツオだし、削りカツオ ……適量

  1. ネギと紅しょうがは粗みじん切りにして、具材を全て一緒にボウルに入れて軽く混ぜる。
  2. 別のボウルに天ぷら粉または小麦粉と水を入れ、固めの衣をつくり、1に入れて軽く混ぜる。
  3. 具材を全体とよくからめて、水分の少ないぼってりとしたタネを作る。ゆるいようであれば、粉を入れて調節する。
    ※顆粒のカツオだしは少なめに。
  4. 揚げ油を170℃位の中温に熱し、タネを時々返しながら2〜3分カラリとなるまで揚げたらできあがり。
ご飯はもちろん、うどんやそばなど麺類との相性もバツグン。
へたの部分を切って、上からナイフなどで果実を切り取れば柚子釜が完成。お弁当に入れると開けた時の香りがいいっ!中には何が?という楽しみも。

[an error occurred while processing this directive]