鳥せん (山形県山形市) - 居酒屋 / 焼き鳥・串揚げ



トリセン

鳥せん

  • クチコミ 5
  • 20 ポイント
  • お気に入り 5
  • 14,637 アクセス

住所
山形市香澄町2-8-29
電話番号1
023-625-8910
営業時間
17:00〜無くなり次第
定休日
日曜・祝日

このお店のデータは、ユーザーの皆様から送られた情報を元に編集しております。
間違いや変更された箇所、追加情報等ございましたら、こちらの修正フォームよりご連絡ください。


クチコミみる

鳥せん さんのクチコミレビューは現在 5 件です。

※クチコミレビューは、あくまでメンバーさまの個人的な感想です。個人差がありますのでご注意ください。


新着順に表示 次の10件
とも (50) さん 投稿 2014年02月28日(金) ★★★★
クチコミPHOTO

ギリギリ詰めても10人がMAXなので、早めに伺いました。
話題の三点盛りはすりおろしにんにくと長ネギ、てんこ盛りの辛子をまぜて頂きます。
絶対辛い…と心配しながら一口…(@ ̄□ ̄@;)!!
歯応えある赤身ににんにくのこくと、酸味、胡麻油の香、そしてピリッとした辛味が絡まって
美味しいです!!喧嘩してない味付けで是非とも白米で頂きたいです。
焼き餃子の野菜のざくざく食感もよく、肉汁があふれ
焼き鳥レバーは厚切りで柔らかく、さらっとしたタレで
焼きそばはこってりした屋台の味付けで
すべてが美味しいです!!
やはり呑み屋さんなので、次回はしっかりお酒も頂きたいと思います!!
ご馳走さまでした!!

サダルST (58) さん 投稿 2012年06月30日(土) ★★★
クチコミPHOTO

少しマニアな路地にあるお店。
常連さんが早い時間から来ておりました。
お通しはお漬物とだし奴でした。

時期的にこちらも駆け込みの近くの山菜料理屋に流れたので、
少しバタバタになりました。
今度は焼き鳥とか煮込みとかをゆっくり味わいに行きたいです。

角瓶ハイボール (4) さん 投稿 2012年06月01日(金) ★★★★★

久しぶりに行ってきました。
何故って、レバ刺しが全国のメニューから消滅する日が迫っておりますからね。
「食べ納めとなるかもしれない」と、はやる気持ちを抑えて暖簾をくぐりましたよ。
いつもと変わらず、寡黙に仕事をこなすオヤジさんと接客兼指示出し係の奥さん、常連と思しき女性客が2人、レバニラ炒めを頬張っておりました。

生レバ規制の話をオヤジさんに訊くと、「わからねぇな。何のお達しも来ない間は出し続けるよ。」と頼もしいお返事。
私は、生レバ、生ハツ、生コブクロの「三点盛り」を、生もの苦手な連れは、ニラレバ炒めを肴に、生ビールと鶴岡の地酒「大山」をいただきました。それと焼き鳥をお任せで。いずれもネタの良さに、女性客をも虜にするのが納得できます。

そうこうしているうちに、「生レバありますか?」との問合せ電話が入り「同好の士」が御来店。

「近いうちにまた来ますね」と言葉を残し店を後にしましたが、後日調べましたら驚愕の事実が。
生レバ規制は7月から、違反すると2年以下の懲役または2百万円以下の罰金だそうです。
「信頼できる店を選び、自分の五感を使って判断し、自己責任で食す」ということが現代社会では受け容れられなくなっていくのは残念な限りです。

レバ刺し消滅の日まであと1か月、何度ここの暖簾をくぐることができるだろうか。

アルビ (411) さん 投稿 2011年11月20日(日) ★★★★★
クチコミPHOTO

フォーラム山形の脇から小路に入り東進すると右側にお店があります。
間口は広いですがとても入りにくそうな古い店構えで、夏には引き戸を開け放していて昭和の鄙びたたたずまいの居酒屋さんです。
店内はL字型のカウンター席のみ。長イスで背もたれはありません。ギュウギュウ詰めれば10人くらいは座れそうに思います。
一見恐そうな恰幅の良い親父さんと、その親父さんの仕事をテキパキと指示する女将さんの二人でやっておられます。しかし、こちらの親父さんは実は大変に人柄がよく、話しをさせていただくとその優しさが伝わってきます。
そして、昭和を懐古する風情の中でいただく鳥せんの焼き鳥は肉質がjuicyでとても慈悲深い美味しさです。

画像 ねぎま(塩) 酔い酔いで値段を忘却

新着順に表示 次の10件

このお店のクチコミをかく

ページの先頭へ戻る