熊屋 (山形県白鷹町) - そば


ホーム - そば - 熊屋


くまや

熊屋

  • クチコミ 8
  • 39 ポイント
  • お気に入り 12
  • 12,679 アクセス

住所
白鷹町大字高岡3869
電話番号1
0238-85-4545
営業時間
11:00〜14:00(売切れ次第終了)
定休日
無休
駐車場
あり

熊屋

熊屋の蕎麦には、素材そのものと季節のうまさがある。

最上川がゆったり流れる川沿いに、赤い平屋の建物が目印の『熊屋』。そば粉は季節によって使い分け、状態によって太さを変える。蕎麦の風味をより楽しめるよう、鰹節を使わず椎茸でダシを取ったつゆは、最初と最後の口当たりが変わらず楽しめる。


クチコミみる

熊屋 さんのクチコミレビューは現在 8 件です。

※クチコミレビューは、あくまでメンバーさまの個人的な感想です。個人差がありますのでご注意ください。


新着順に表示 次の10件
スパッシュ (8) さん 投稿 2013年06月23日(日) ★★★★★

知り合いから聞いて、来店。
古い民家で凄くいい感じでした。
そばは美味しいし、最近食べた蕎麦の中で1番でした。
私は、田舎そばがすきなので、凄く気に入りました。
又食べたい蕎麦ですね。

Kuro (1107) さん 投稿 2010年11月12日(金) ★★★★
クチコミPHOTO

 もりそば 600円

いいですねぇ〜、この佇まい
これだけで美味しくなっちゃいます

美味しいです。
一枚目の600円は確かに安いと思います。
僕達はラーメンを食べた後行ったので何とか一枚でも我慢できるのですが、最初にこの蕎麦を食べるのなら、普通の人でも3枚〜5枚必要でしょう。
最初の一枚が600円、追加が一枚400円です。
3枚食べたとすると、600円+(400円×2)=1,400円、5枚の場合は2,200円になります。
貧乏人の僕には厳しい金額です。
それと、そば湯がもっと濃いと良いんだけど。

この器、とても重いです。焼き物と言うより石?

十兵衛 (44) さん 投稿 2010年02月20日(土) ★★★★★
クチコミPHOTO

熊屋さんに来るときは雪が降ってます。
(ここ三回ほど・・)
自分も週一回ほどそば打ちますが
(うちのジイチャンの手ほどきで・・)
そば打ちのコツにご主人曰く
「数をこなしてなれること」

なるほど・・当たり前ことナリ

granpa (31) さん 投稿 2010年02月17日(水) ★★★★★
クチコミPHOTO

白鷹町の隠れ蕎麦屋の1軒「熊屋」

シンプルな蕎麦ですが、甘みと腰があり非常に好きな店です。
たれはやや甘めですが素朴な味がします。

以前、高速道路が\1,000時には午後3時頃でも並んでいたのを覚えています。
みなさん調べて来るんでしょうね。。

十兵衛 (44) さん 投稿 2010年01月27日(水) ★★★★★
クチコミPHOTO

山形の食は奥が深い。

山奥の民家群の中に隠れるように
存在する。

急きょ長井の現場に出向き、取引先の
社長に教えてもらい訪問。

まずそばが出てきた時に思わず
背筋がシャンとなる。
以前、北辰一刀流の大目録の方に
稽古つけてもらったときに同じ空気がした。

そばは実直に力強く、清々しく、瑞々しい。
つゆはやはり個性的で、非常に熟成が長いもの。
好き嫌いは分かれるだろうが、私は・・・
参りました。

星、20個お願いします。

インターセプト (158) さん 投稿 2009年09月26日(土) ★★★★★
クチコミPHOTO

山形に五年も住んでいながら。。。

このお店の存在を全く知りませんでした。

東京の蕎麦好きの友人に教えてもらったお蕎麦屋さんです。

こういうお店が普通にあるから、

山形はたまりません。

あけびがまた美味かったよ〜

圭一朗 (250) さん 投稿 2008年05月22日(木) ★★★★★
クチコミPHOTO

 白鷹町出身ママチャリさん原作 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」公開記念!(フォーラムで上映中)
熱い白鷹町へ行こう!! 第三弾!(白鷹町の宣伝をしてしまいましたが、これで最終です。)

“しらたかは隠れ蕎麦屋の里”・・・、「千利庵」「さんご」の次は、当然ここ『熊屋』です。

 りんご農家の熊坂さんが、蕎麦好きが高じて自宅で開業してから 何年になるでしょうねぇ。(10年以上?)
ここは、知る人ぞ知る 知らない人は知らない隠れた蕎麦屋さんです。

 静かな座敷に テーブルと座布団が並んでいて、座る前に 人数を言うだけ・・・、
「一人です。」と・・・。(一人の場合ですよ!)

ここは、もりそば600円と 追加そば400円のみですから 人数を言うだけでいいのです。

そば粉は、地元白鷹産で 水だけで打つ生粉打ち。
場所柄が田舎なのに 蕎麦はやや細めの十割そばは 固めの仕上がり。
こだわりのある土器皿に乗って 出てきます。

そして、そばつゆ・・・
これが独特で、ダシには魚系を全然使わず シイタケと昆布だけという これは食に対する熊坂さんの信念だそうです。
風味豊かな蕎麦を、このつゆにつけて食べると、口の中で甘みが広がります。

最後に、手作りデザートが出てきて、
それは、干し柿だったり リンゴのコンポートだったり いちじく煮だったりで これも楽しみのひとつです。

 この蕎麦屋も 誰にも内緒にしておきたいくらいなのですが、
この映画が公開された記念に紹介してしまいました。

 白鷹町は、蕎麦が美味い。

マーティンD35 (111) さん 投稿 2007年11月04日(日) ★★★★★
クチコミPHOTO

紅葉を眺めに出かけ、おいしいお蕎麦が食べたくなったので久しぶりにおじゃましました。
熊屋さんのお蕎麦は、相変わらず真面目で真剣さをビンビン感じます。
お店には、もりそば/600円 と、追加 /400円の2品しかありませんので、お店に入っても気のいいオバさんは人数を聞くだけで注文は取りに来ません・・・・・だいじょーぶなのかなー・・と思っていると、お蕎麦が運ばれてきます!
コチラは、もちろんお蕎麦はシャキッと角が立っていて、凛々しくて力強くて、それでいてきれい・・・と思うんですが、なんといってもタレに特徴があります。
タレは、なんだか懐かしい香りのする醤油に、しいたけと昆布のダシが効いていて、節系の香りがない・・・ここでしか味わえないモノですが、少し塩っぱめなので、少しだけお蕎麦につけていただきます。
口の中で、そばの香りとダシの香りがいっぱいに広がって、なんだか、自然のエキスが体にスーッと染み渡るような爽快感を味わうことができました。 付け合わせの大根の漬け物にも自然の息吹を感じます。
素材のよさをストレートに生かし、余計なものをいっさい省いた自然体のお仕事は、遠くまで足を運んだ甲斐があると思います。
食後には、そば湯といっしょにイチジク煮が・・・これもまた素朴で、すっきりした余韻を楽しむことができました。
ごちそうさまでした。 すっかり満足させていただきました!!

新着順に表示 次の10件

このお店のクチコミをかく

ページの先頭へ戻る