こうちゃんラーメン (山形県南陽市) - ラーメン


ホーム - ラーメン - こうちゃんラーメン


コウチャンラーメン

こうちゃんラーメン

  • クチコミ 10
  • 34 ポイント
  • 8,029 アクセス

住所
南陽市宮内4634-6
電話番号1
0238-45-3787
営業時間
11:00〜20:00
定休日
月曜日

このお店のデータは、ユーザーの皆様から送られた情報を元に編集しております。
間違いや変更された箇所、追加情報等ございましたら、こちらの修正フォームよりご連絡ください。


クチコミみる

こうちゃんラーメン さんのクチコミレビューは現在 10 件です。

※クチコミレビューは、あくまでメンバーさまの個人的な感想です。個人差がありますのでご注意ください。


新着順に表示 次の10件
Kuro (1107) さん 投稿 2010年05月21日(金) ★★★★
クチコミPHOTO

ここの味噌ラーメンは未食なれど、僕の脳みそは「こうちゃんは味噌味」と言っている。
それで入店後すぐに「淡雪と味噌」と注文。
すると「味噌中華ですかネギ味噌ですか?」と問われた。
間髪入れず「味噌中華」と答えたものの、テーブルに着いてメニューをジックリと見た。
すると味噌中華とネギ味噌ラーメンの価格差は30円。
さくぅ氏は確かネギ味噌チャーシューを食べたと記憶している。
彼は勤勉なる青年になってから、チャーシューメンを食べられるセレブになった。
僕は永久無職だからチャーシューメンなんて贅沢は許されない。
それでも30円差なら許されるだろう。
厨房に近づき、「スミマセン、ネギ味噌ラーメンにしてください」とお願いした。

このお店、前にも書いたが接客を求めてはいけない。
接客をとやかく気にする人がいるが、そんな人は置賜のラーメン店には近寄らないほうが良い。

 ねぎみそラーメン  680円              

白みそのスープを見ると嬉しくなってしまう。
みそラーメンは白みそが好き。
前に食べた醤油ラーメンと塩ラーメンの場合は、インパクトの欠如により普通の評価になってしまったが、味噌ラーメンの場合は評価が甘くなってしまう。
それは、米沢に住んでいると普通の味噌ラーメンがとても嬉しいから。

で、結論は「こうちゃんラーメンは味噌」
はい、これが結論です。って、好みは様々。

さくぅ (360) さん 投稿 2009年11月28日(土) ★★★
クチコミPHOTO

チャーシューねぎみそラーメン(¥850)漬物つき

未だ県南の味噌ラーを諦めていない自分がいる。
週末のお楽しみとなってしまったラーメン。
その時考えるのは「どこの味噌ラーメンが美味しそうか?」
そこで思いついたこのお店、醤油を食べて味はなんとなく
想像していた。且つ、確かメニューの最初が味噌だった。
今日はとにかく腹が減っていた為、ちょっとフンパツして
チャーシューねぎみそを注文。
スープ、麺、トッピングの構成はほぼ想像通り。
麺は醤油と共通で、今日も茹で加減も良し。
予想したよりも味が薄め。醤油で感じたダシの弱さも当然共通。
その代わり(?)青海苔とゴマ油の香りが終始支配している。
油はやや多めだがコッテリ感は感じない。甘み、旨味も控えめ。
但し、食後に少々気になる程度の旨味成分を感じる。
唐辛子でピリ辛な上に黒胡椒もかかっている。どちらも合わなく
ないが、どちらか一方で十分なような気もします。
品名に”チャーシュー”がつくからには5枚は入っているだろう
と思っていたが3枚しか入っていなかったのは少々残念。
その代わり(?)挽肉が入っています。ネギの量も同様少なく残念。
ドンブリが大きめの割に量は然程多いとは感じませんでした。

何だかんだと言っても米○流味噌ラーメンでなく、
普通の味噌ラーメンであっただけでも今日は良し。

メニューに淡雪ラーメンが見当たらず。まだ時期が早い?

hiro8866 (431) さん 投稿 2008年10月01日(水) ★★★★

未知の味が埋没する宮内地区。やってきましたこうちゃんラーメン!
「三浦屋」「沖ふじ」ぐらいのインパクトはあるのか!?

中華そば550円をオーダー。
好きなタイプの麺で中太やや縮れ麺。油がかなり浮いていてコッテリ。
魚介系だと思いますが、はっきりしません。
しばらくしてあるお店の味を思い出しました。
じゃじゃじゃッジャ〜ン!
「醤々ラーメン」
はいオシマイ。
青海苔が多めに振りかけてますが、効果が感じられません。
かえってワカメの味がでていてスープが少しマイルドに感じます。チャーシューもあちらのお店と似てませんか?
カウンターの上を見るとネギラーメンの紹介が。ねぎたっぷりにひき肉が載ってますと、そのまんま醤々ラーメンのメニューと共通ではないでしょうか?
中華コスパ★4味★4

さくぅ (360) さん 投稿 2008年08月24日(日) ★★★★

中華(¥550) 漬物付き。
やや黄色がかった中太平打ち縮れ麺はコシもあり茹で加減も良く美味しい。
脂浮きは割と多めで、スープも結構な熱々。但し、コッテリとは感じません。
スープの色の割には薄味で、青海苔と黒胡椒の香りがかなり主張してます。
やや甘い独特の香り、と、トッピングのワカメの香り。コクと旨味は弱めかと。
そこそこ美味しいスープですが、もう少しダシの強さが欲しいと感じました。
チャーシュー、メンマ、なると、ワカメ、青海苔、ネギ。
チャーシューはプリモッチリ系の柔らかいものが1枚。
青海苔の量はギリ許容範囲。胡椒は減らしてもらった方が・・・。
とか言いつつ、私は嫌いじゃないな、このラーメン・・・。

Kuro (1107) さん 投稿 2008年03月18日(火) ★★★
クチコミPHOTO

珍しく、みそラーメンを食べてもいいかな、と思った。
僕の場合、みそラーメンは「食べたい」ではなく、「食べてもいいかな」である。
みそラーメンに対してポジティブになれない。
しかも米沢以外の場所でとの条件つき。

先日淡雪ラーメンで見直した「こうちゃんラーメン」の味噌を試してみたいと思っていた。
頭の中をみそラーメン一色にして出かけた。
そうしないとくじけてしまいそうだから。
そこまでしてお店に到着したのに、僕の口から出た言葉は「ワンタンメンください」だった。
自分の言葉が信じられなかった。
車を降りるまで、僕は確実にみそラーメンを食べるつもりであった。
ところが、こうちゃんラーメンの店先には、ある看板がある。
その看板には「こうちゃんワンタンメン(昔なつかしアッサリ味)」と書いてある。
このお店のラーメンは今風の赤湯ラーメンだったと記憶している。
確か青海苔が入っていた。
だとすると、ワンタンメンのスープは違うのだろうか。
にわかに興味が湧いたのだった。
この看板は前から何度か見ているのに、なぜか急にそう思った。

出て来たワンタンメンには青海苔が浮かんでいた。
スープは僕の記憶の中の中華(メニューどおり)のスープと同じだった。

ワンタンはふんわり系とは違うが美味しかった。

画像はワンタンメン 650円です。
みそラーメンはまた次回への持ち越しということで・・・・・

chacha (220) さん 投稿 2008年03月16日(日) ★★★

口コミの「淡雪ラーメン」を見て、
気になって行って見ました。
(期間限定や季節限定に弱いので・・・)

粕汁にラーメンが入ったイメージかなと思いましたが、
食べてみると、意外に普通の味噌ラーメンっぽい。
あっさりした醤々の味噌っぽいと感じました。
酒粕を溶かすと独特の風味が出てきて、
おいしいと思います。
でも、後半ちょっと飽きてきて、辛味が欲しいと思いました。

分身は中華そばを注文しましたが、スープを飲んでみると、
雷ラーメン元気っ子の醤油のような感じがしました。
でも、チャーシューは堅いし脂身多いし、
自分の好きなタイプではありませんでした。

気になるのは、焼きそばがスープ付で\500です。

Kuro (1107) さん 投稿 2008年03月10日(月) ★★★★
クチコミPHOTO

フリーペーパーを見ていた奥さんが、突然「淡雪ラーメンが食べたい」と言い出した。
そこに出ていたのは“こうちゃんラーメン”の淡雪ラーメンだった。
僕は全然そそられないのだが、一応検索してみた。
淡雪ラーメンは3軒の店で出している。
全然店が増えていない。
フリーペーパーに出ていた「こうちゃんラーメン」と「三浦屋食堂」と「まるひろ食堂」である。
酒粕と芋ガラ(ズイキと書いてある)が入っていればどんな味でも良いらしい。
ちなみにズイキとは芋茎と書くので、読んで字のごとし、里芋の茎を干したものである。
僕はこれが好きだ。
こうちゃんは700円、三浦屋は750円、まるひろは800円と書いてある。
三浦屋の750円は、僕のラーメン資料によると700円のハズなので、後日確かめに行ってみたい。
僕がラーメンに支出する限度は750円までだ。
それ以上は高いと思うので、特別の場合を除き候補から外すことになる。
一応、大食いハンター、ゆきと氏の写真を見てみたが、僕の感じでは×であった。
続いて三浦屋の写真を見た。
煽情力氏の写真である。
これはもっと×だった。ここはみそラーメンの店ではなさそうだ。
醤油は美味しかったが、ここの淡雪ラーメンは見た目はペケである。
残るはこうちゃんラーメン。
フリーペーパーの写真は合格。やはりプロの写真は違う。
奥さんにも3軒の写真を見せた。やはりこうちゃんラーメンが美味しそうだと言う。
僕もそう思う。3軒の内、この様な新しい創作ラーメンや味噌味のラーメンなら、こうちゃんラーメンが一番適しているように思った。

こうちゃんラーメンに到着した僕達を迎えたのはタバコの煙攻勢だった。
僕達はタバコの煙が嫌いなので、昼時を外してお店に行く。
それでも時々紫煙攻勢に出会う。
若い女性が二人でタバコを吸っていた。
僕達は慌てて席を移動した。
しかし、その隣で今度は男性2名がタバコを吸い始めた。
もう逃げ場はない。仕方がない。諦めるしかなかった。

淡雪ラーメンはあまり評判が良くない。
僕も全然そそられない。
最初から酒粕ありきで作られたラーメンとの思いがある。
ラーメンと酒粕が合うとは到底思えなかった。
それでも一度は食べてみない事には評価のしようもない。
今回の奥さんの希望は丁度良いタイミングだったような気がする。
淡雪ラーメンは3月いっぱいで無くなる季節限定メニューだ。
だからこの機会を逃したら冬が来るまで食べられなくなる。
それで僕も気を取り直して宮内に向かったのだった。
そんな僕の心とは関係なく、タバコの煙は容赦がなかった。
紫煙は嫌いな人をめがけて襲い掛かってくるものである。
イヤハヤ参ったなと思った頃、二人の女性は席を立った。
容姿に関しては何も書かない。いや書けない。
その格好はだらしない。

淡雪ラーメンは優しく僕達を迎えてくれた。
見た目は悪く無い。

味噌ラーメンがベースになっている。
酒粕の量はそれほど多くはない。
酒粕が味をマイルドにしている。
これは結構イケル。
酒粕と味噌が合う事は色んな料理が実証している。

こうちゃんラーメンを見直した。
ここのみそラーメンは美味しいように思う。
食べて見なければならない。
それと以前から気になっている焼きそばも。

この店も米沢同様、接客を求めてはならない。
注文は自分から行く事をはじめ、受動態の方はご注意を。

画像は宮内淡雪ラーメン 700円です。

Kuro (1107) さん 投稿 2007年10月09日(火) ★★★
クチコミPHOTO

前回は塩中華だったのでスープの味がよくわかりませんでした。
それで今回は中華(メニューのまま)を食べに行きました。

スープは濃い色をしていますが、見た目よりは遥かに薄味です。
更に、見た目では脂が多いのですが意外にアッサリです。
さて、肝心のスープの味なのですが、ワカリマセン。
黒コショウの味が強すぎて、スープの味がワカリマセン。
結構美味しいと思うのですが、兎に角コショウの味です。

お店の看板ではワンタンメンをアピールしています。
でもメニューにはワンタンメンは手書きで後で追加してありました。
このスープ、ワンタンには合わないようにも思えます。
まあ、食べていないので何とも言えませんけど。

もう一つ、手書きで追加したメニューに焼そば(スープつき)500円がありました。
これは安いですね。一度食べてみたいと思います。

画像は中華 550円です。

Kuro (1107) さん 投稿 2007年10月04日(木) ★★★
クチコミPHOTO

メニューに“塩中華”を見つけると食べずにはいらない。
期待30%、不安70%で待つ。
不安的中、ごま油の香りと共に塩中華がやってきた。
きれいに澄んだスープだが、表面には植物性油脂が浮いている。
青海苔、ゴマ、ブラックペッパーも浮いている。

スープの材料は不明。
コショウとゴマ油の味が強い。
塩加減は丁度良いと思う。

麺は太い平打ち麺。縮れ麺で南陽市らしい麺。
南陽市のお店は麺のハズレはほとんどない。
茹で加減も良い。

全体として美味しいのだがコショウの味が強すぎる。
辛い。コショウの辛さである。
それとゴマ油、青海苔でスープの味が分からないのが残念だ。
ワカメスープのような味とも思える。
やはり初回は味が良く判る中華そばからいくべきだった。

画像は塩中華 650円です。

煽情力 (463) さん 投稿 2006年11月18日(土) ★★★
クチコミPHOTO

以前は、別のラーメン屋さんでした(店名失念)。
メニューの配列順から推測するに、味噌系の方が自信有りなのかもしれませんが
とりあえず無難に中華をオーダーしました。

麺は、赤湯系の中太縮れの平麺です。
一番好きなタイプの麺で、期待は頂点に。
油がかなり浮いていてコッテリです・・・が、めっちゃ薄味です。
魚介系だと思いますが、はっきりしません。
特徴が無さ過ぎます。
青海苔が多めに振りかけて有りますが、効果が感じられません。
麺やチャーシューは美味しいと思いますので、スープにもう一癖付けて頂けると。


新着順に表示 次の10件

このお店のクチコミをかく

ページの先頭へ戻る