山形まるごと情報サイト[ヤマガタウェイ]
ホーム ヤマガタウェイとは サイトの使い方 メンバー登録 マイルーム
グルメ プレイ ショップ ライフ ビューティー
お店を登録
ホーム - マイページ
HIMONZY_PAPA_AT50さん
 
このメンバーをお気に入りに登録する
HIMONZY_PAPA_AT50さんのマイページ
HIMONZY_PAPA_AT50さんのマイページへようこそ。あなたは 10182 人目のお客さまです。
 
プロフィール
ニックネーム HIMONZY_PAPA_AT50
行動範囲 山形・宮城
性別 男性
年齢 未設定
職業 その他
マイブーム 関山峠越え
自己紹介 月2回は、隣県宮城から関山峠を越えて山形にお邪魔してます。らーめん・蕎麦・眺望・自然・名所旧跡など興味は尽きません。詳細はMyブログで
 ⇒http://blogs.yahoo.co.jp/himonzy_papa_at50
 

HIMONZY_PAPA_AT50 さんのクチコミレビューは現在 53 件です。
更新日順 全53件中1〜10件表示 前の10件 1 2 3 4 5 6 次の10件
店名 エリア ジャンル の数 更新日
- はしもと屋(15) 川西町 うどん / そば / ラーメン ★★★★ 2011/05/28

 川西町には「川西味グルメマップ」によると、ラーメン類だけでもけっこうなお店があるんですねぇ。
 ラーメンや中華そばを謳っているのが11店舗、比率は約30%。多くないですか?


 お店のキャッチコピーは、「なにも足さない、なにも引かない。そこには頑固なラーメンと素朴な蕎麦がある。」との謳い文句。

 いいですねぇ。期待できますね。


 鶏がら出汁が強くでていて節としょうゆの香りがいいタレで美味い。
 これは見事なそばやの中華そばと思う。

 油もしっかり浮いているのでこってり感もある。

 味付けはやや濃くて塩っぱめ。甘味もある。
 そのためか、ぬるくなっても塩味がきつくならない。なのでスープ飲み過ぎ注意だ。
 
 味のしっかりついたロース肉。
 
 麺は中太で米沢麺らしからない。少しの捻じれも少々、モッチリとした噛み応えであっさりした食感。

 価格600円はちょっと高い設定。チャーシュー3枚入ってるけどね。

 「おしょうしな」の愛想のいい声に送り出されてみせを後にしました。

- 麺屋○文(128) 山形市-その他 ラーメン ★★★★ 2011/02/11
云わずと知れた○文。いまさらですが初訪店したのでひとこと。

中華そば 500円。
麺の量は150gはあるかとのたっぷり量。
鶏出汁にかなり甘味のあるスープ。
たっぷりの鶏油が浮いて、適度なこってり感。
かなりできのいい具合を感じます。
ばらとももの大振りチャーシュー2枚。これならバリュー感たっぷり。

丸文ラーメン 700円
海老香るスープ。
塩っぱさがきつい。塩スープと思うほどの薄いろのしょうゆ味。
これほど海老の風味を利かせなくてもいいんじゃないかなとも思った。
海老がたっぷり入ったワンタン1個、大振りでほろほろとしたばらチャーシュー3枚、
煮卵半分、メンマ、ナルトとのり。
中華そば同様ボリュームあって美味い。

さすがの人気店に納得。

- 文下食堂(31) 鶴岡市 ラーメン ★★★★ 2011/01/23
皆さん、懐かしく訪店しているように乙さんも20年ぶりで訪店。

暖簾が新しくなっただけで何も変わっていないようで、なぜか安心感が微笑みと共にあふれてくるのは自分だけだろうかな。

日曜昼前で店内はお客さん一杯。子供たちや大人の笑い声やグループの高らかな声が店内を飛び交い、心地いい地元言葉が店内に響き渡る。

相変わらずの人気店なんだ。
おそらくみんながここにくる時、「中華そば食べに行こう」じゃあなくて「文下に行こう」と言うんだろうね。

中華そば550円、大盛り650円。これだけメニューにつけ麺700円が付け加わっていた。
これで充分という中華そば屋の原点を見るような感じ。

もうすっかりと忘れてしまっていたが、記憶には、何回でも食べたくなる味のはずだった。
でもなぜか不安感が現れる。だいぶきてなかったんだもの。

「なつかしの一啜り・・・・」となるはずだった。

豚骨出汁に昆布や煮干などが雑然と入り混じった味。
ややトロミで臭みがある。ストレートで甘いしょうゆダレ。

中華そばというよりしょうゆラーメンと呼んだほうが当たってる感じ。

記憶が最近の中華そばの嗜好の影響を受けて大きく歪められたかして、
もっと削り節の利いた香り高いスープをイメージしていたんだね。

実際とはずいぶん記憶にとギャップができていたような気がする。

麺は中太より太い中加水のねじれた麺。
噛み応えはそれほどでもない。柔らかめかな。ごあつきもちょっと感じられた。

チャーシューは小振りのロースが3枚、ネギとメンマとノリ。

味の記憶を正確に保つことの難しさ。
時間と距離の大きさに比例してその歪みは大きくなっていくのだろうか。

- キッチンラーメン濱(107) 山形市-その他 ラーメン ★★★ 2010/10/30
ユニークな店構え。
もともとは洋食レストランだったのでしょうか、割り箸の袋を見ると。
奥が見えない厨房からは、よく聞き取れない元気な声が時々してくるけど。
商品が出来上がると店内に厨房から声が響き渡るようだ。おそらくマスターの声?
見映えとともに不思議な空間だ。

初訪店なのでセオリーどおり、醤油ラーメン580円。

スープは、鶏肉出汁が強くでてて、ま〜ず、かなり塩っぱ味がきつい。
色相は薄いが、しょうゆと塩味がストレートすぎて感じられる。
好みが分かれるところだね。

トッピングはヒゲ状ネギ、メンマとバラチャーシューでシンプル。
ヒゲ状ネギが大量なので麺に絡まってけっこう食べにくいことに。
麺は中太のかんすいがしっかり利いた黄色の中華麺。
捻じれが少しありやや柔らかな噛み応え。

口コミで思ったイメージとはかなり違っていたような。
SINCE昭和48年、ずっと研究してた味と書いてあったがどこまで進化したのかな。



- め組(134) 山形市-その他 ラーメン / 居酒屋 ★★★★ 2010/10/23
口コミランキング10位の人気店。
圧倒的にみそリコメンドが多くしょうゆが見当たりませんねぇ。

初訪店で中華そばのコメントを。

中華そば650円、ワンタンメン750円。

強気の価格設定と思しき場合、この価格帯は大体ハズレがないことが多いので
ほぼ確信的にワンタンメン。

暫し待つこと10分ほど。うち一人、外一人の2人で切り盛り。
聞いてれば、客あしらいはベテランのこなし方。納得のオペレーション。

さて、スープは豚骨、鶏がら出汁と和風だしが程よくミックスの感じで醤油ダレも印象的な味わい。
スープを啜るほどに美味さが出てくる感じだ。
甘味や塩味は丁度。濃い目の味付けだが気にならない。
鳥油が浮いてスープがけっこう熱々。

麺はかんすいたっぷりの多加水で細い捻じれ。「長谷川」とかかれた木箱に入ってたような。
噛み応えはこれまたいい具合。

ワンタンは大きくたっぷりの皮で包んだピンク色の豚肉。
薄い皮でトロとした包み具合のものが5個も入っている。

バラ肉チャーシューもポロリとして大変美味いんだ。

バリュー感は感じないけれども、優等生的に上手く纏まった価格相応の美味い一杯を確認。

住宅街にひっそりと溶け込んだ、佇まいも店構えも趣きあってさすがの一店。

- 平左ヱ門そばや(--) 寒河江市 そば / ラーメン ★★★★★ 2010/10/09
平左衛門さん、閉店と聞いて非常に残念です。
中華そばの味だけではなく訪店してはいろんなことを見させてもらった気がします。
寒河江地方のすばらしい食文化の一つ、そば屋の中華そば。
他の店にはぜひ頑張っていただきたいと思う心境。

- サンセット十六羅漢(40) 遊佐町 お食事処・定食 / ラーメン ★★★★ 2010/09/23
レストハウス風ラーメン店で十六羅漢観光の基点になってる、お土産やソフトクリームも売っている奇特なお店ですね。
さて、ここはサンセットビューポイントでもいい所のようです。

海を眺めながらのラーメンは初めてです。

基本は、しょうゆのとびうおラーメン、550円。
とびうおラーメンは、たっぷりのあご出汁の出てる甘味が強烈。でも魚介の香りがしなかった。
それ以外の味は感じられずに意外と単調な印象。
薄い色合いであっさりしたスープは甘みがあって美味いと思うが、好みが分かれるところかな。
麺は細い多加水のようで捻じれが掛かっていて噛み応えもいい。
チャーシューはばらのロールが2枚。

夕日ラーメンは650円。アオサたっぷりトッピング。
こういうのかなり好きだな。

休日午後2時も過ぎてるというのにこの混雑ぶり。30分以上はまたされちゃったね。
しかも皆ラーメン食べてます。ある意味すごいね、という光景。

食後は、勿論十六羅漢見学。いいもの見ました。

高速無料になったので仙台からでも庄内方面、気軽に食べに行くことができて距離感がなくなっているのは嬉しいこと。






- 石臼十割そば 森久(12) 東根市 そば ★★★ 2010/05/22
11時まで板そば200円引きの情報で、でかけてみた。
3組ほど来店したようで、こんな制度はもっと利用すればいいのにね。

昼時に混雑することになれて、味覚の平均値を確認してしまう群集心理に慣れすぎてしまっったのかなぁ、などと独り語ちてしまうのだった。

品書きはそれほど多くはなくて、板そば、鴨そば、肉そばにてんぷら等。
板そばは、量で3種あり「並森」と称したもので一般的なやや大盛(180g?位)というところか。700円。小森600円、大森800円。
(品書きにある「森」の意味が分かりませんが)
てんぷらは、ゲソ天、300円。野菜てんぷら350円。
ゲソ天はゲソ3本に野菜のてんぷらが盛りあわされてバリュー感高い。
衣は薄くカラッと揚がっているのでサクサク感が強く食べやすく美味い。
そばは大石田産の「来迎寺」を石臼で引いているようだ。それを十割の中太打ち位かな。
色合いはやや黒ずんでいるがそば粉の上品な食感を感じることができる程度。
個人的には、殻ごとの引きぐるみのようなもっと黒ずんで手強そうな食感のほうが好みだけけど、これはこれでいいのかなとも思う。
つなぎがないだけしっかりとした噛み応えで、ねっとり感が微塵も感じられず、口中でばっさりと砕き散る歯応えは爽快だ。
太さも、太すぎず、細すぎず丁度いい感じに打ってある。
ただ、蕎麦の長さが短めでばらばらしてて、最後のほうにそばの切れ端がパラパラと残るのは残念。

そばつゆはけっこう「塩っぱい」。
かえしのしょうゆがストレートに出すぎたような。
出汁の旨みと甘味がもっと利いているといいんだけどね。

漬物と野菜サラダは食べ放題。こいつは嬉しいサービスだ
白菜と大根の一夜漬け、赤カブの酢漬け。サラダはレタス、大根、ニンジン、カイワレなど。ドレッシングも豊富。

漬物はあんまり塩っ辛くなくいい塩梅だが、あっさりし過ぎの感じ。
ご飯ものがないので味的にあまり活躍できないが、蕎麦を待つ間に摘むのにはいいサービスだね。

時間割引とフリーディッシュのサービスでバリュー感はけっこう高い。

- 角のいしかわ(11) 山辺町 そば / ラーメン ★★★★ 2010/04/11
店名が面白そうって云うだけで、仙台から訪問するには充分な理由になる。
そんなところが多い山形のそば屋。
ほんとうに確かに角に佇んで入り口2ヶ所。そば屋さん風情。
休日昼下がり、ちょっと暗めの店内には2組の客。地元風情の若者2人が中華そばを食べながら人生談義をしていた。
いいなぁ〜、何ひとつさりげない全き日常の流れとこの空間。
メニューには、中華そば500円と味噌ラーメンの2種類。

中華そば。出てきた途端、ごま油の香りがぷ〜んとただよう。
スープはやや塩っぱ目のだしが利いたそばつゆにごま油。
塩っぱいがあっさりで意外にストレートな味。
これぞと言う特徴はないがなんとはなしにスープを飲みきってしまいそうな勢い。飲みやすいんだ。
麺はやや太めでかんすいの利いた多加水麺。色白でつるりともっちりしてるところにコシのある茹で具合。
丁度いい噛み具合だよ。
メンマはしょっぱめ、モモチャーシューとのり1枚。アバウトなネギ。麺は140gぐらいで多目。
さりげなく全体がいい感じ。

- たけだそば屋(27) 山形市 うどん / そば / ラーメン ★★★★ 2010/03/14
山形市中華そば四天王から外れて、さらに南に燦然とその名を轟かせる銘店(と、思うけどね)。「出羽関が原の戦い」名を残した長谷堂城のふもとにあった。
辺りには古い茅葺の家があったりして田舎の部落通り風情。時間が止まったようで暫し慰安の時間。
かなりの時代を感じる店構えは、周辺に全く溶け込んでいてよっぽど注意しないと確実に見落とす。

店に入ると人の気配がない。さて座って待つことにしよう。
このまったり感、暫しの間、思わず50年ほど前にタイムスリップ。

亡羊とした呻きとも口ずさみともおぼつかない歌が厨房からかすかに流れてくる。よく耳を傾ければメンフィスブルースでも聞こえてきそうだね。
おや、そこのおじいさん、Sleepy John Estesさんじゃないかい? 久しぶりだねぇ、どうしててんだぃ....

厨房からの物音で我に帰れば、女性2人の声が。出前から戻ってきたようだ。
店内は古びて雑然としているが汚さは感じない。
2代目おばあさんが作って3代目娘さんが出前しながら頻繁に店を出入りしている様子。
メニューは、そば、うどん類と中華そばの麺類をラインナップ。
待つこと数分で意外と早くでてきた。
中華そばの大盛り、400円+100円。
運ばれた中華そばを一目見て、その器と形相から確かなものを感じた。
一口すすってみれば、期待を全く裏切らない旨さ。
鶏ガラ出汁に節のいい香りと強い甘味の出汁。旨みがあってほんのりと淡さを感じるしょうゆダレ。
食べてる途中では豚骨の香りを感じたりして。
色相は薄くすべてが丸く柔らかにできている。これが代々培われた熟練の味か。
ほんの少しのメンマとネギ、ロースチャーシュー。
極めつけはコショーの載ったのり1枚、それも溶けやすい。
これは要らないでしょう、きっぱり。
麺は、この手の店にしては洗練されていて(失礼!)、ゴアつきやねっとり感がないのに驚き。さっぱりしている。
表面つるつるで噛み応ちはしこしこ。中太の多加水でやや捩じれ。丁度いい具合の茹で加減、さすが。
聞けばもともと呉服店を営んでいて60年ほど前からそば屋を始め現在は3代目だそうな。
出前が9割ぐらいで、地元にしっかりと根ざしたそばやだった。
「ネットで人気ですよ」と言うと、信じられないという顔でかなり謙遜してました。そんなことはありません、実力店だから。
店内は小上がりに1卓、テーブル席に5〜6人座ればいっぱいの小さな店だがぜひ店内で食べてみることを薦めるから。

古きにひたった食後は長谷堂城跡の散策で完璧。


更新日順 全53件中1〜10件表示 前の10件 1 2 3 4 5 6 次の10件



ホーム利用規約投稿規約プライバシーポリシー会社情報広告掲載についてお問い合わせ
COPYRIGHT (C) 2005-2009 YWAY.JP ALL RIGHTS RESERVED.